医師向け

大腸癌の転移時期と予後

投稿日:

Pocket

 

雑誌:Annals of Surgery 2019

Dresden大学のNuh N. Rahbari先生

 

Introduction

 

大腸癌は1/4が診断時に遠隔転移を有し、フォロー中に20%が再発する。

同時性転移、早期再発は腫瘍の悪性度が高く、一般に予後が悪いとされる。

CAIRO-3では再発を6か月で区切ると前後の成績は同等であった。

異時再発が予後悪いという報告もある。

 

Methods

 

DACHS study2003-2012の前向き、ドイツ南西部の住民をベースにしたケースコントロール)

 

Results

 

1027人が解析対象

Immediate1か月までの再発):566

Early2-6か月):52

Intermediate6-12か月):92

Late12か月以後):317

 

臨床病理学的因子

 

ImmediateT4が多い、リンパ節陽性が多い、原発切除が少ない、全身化学療法施行率が高い、複数臓器の転移が多い、肝転移・腹膜播種が多い。

Intermediate Lateの再発:肺転移が多い。

EarlyMSI-highが多い

 

生存解析

 

5.2年観察期間

795人死亡

年齢・性別・占居部位・T因子・N因子・原発切除・一回目の転移時の化学療法・この化学療法の反応までの期間・転移巣切除などでそろえると再発時期での有意差はなくなる。

Lateで女性はHR1.45、右側結腸でHR1.54N0・N1が悪い。

大腸癌の診断時点での遠隔転移の存在は、OSの独立した予後規定因子(immortal time biasを含んでいる)

 

Discussion

 

再発までの期間が長い腫瘍は腫瘍内のheterogeneityが強く、治療抵抗性の可能性がある。

占居部位の予後の差はBRAFや粘液癌・MSIなどの特徴の差を示唆している可能性あり。

 

感想

 

転移時期が遅いものの方が予後が良いと一般に言われており、大腸癌取扱い規約では、肺転移の項目にDisease Free Interval(DFI)が含まれています。

今回の検討はあらゆる遠隔転移なので、肺のDFIの項目はこの限りではないのかもしれません。

ただ、必ずしもDFIが長いものが良いとは限らないという報告はありますので、このあたりももう少し知見の集積が必要なのでしょう。

Discussionにもある通り、再発が遅い群では腫瘍内の組織の多様性があるのか、N0の方が予後が悪いというちょっと意外な結果です。普通はリンパ節転移があった方が予後が悪そうなのですが…

 

Pocket

-医師向け

Copyright© おさんぽ先生の医療雑論 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.