医師向け

閉塞性左側結腸癌の原発巣切除前の人工肛門造設、メタリックステントの比較

投稿日:

Pocket

 

雑誌:Annals of Surgical Oncology 2019

マルセイユ大学のDiane Mege先生

 

Introduction

 

フランスとヨーロッパのガイドラインによると、メタリックステントは根治的切除には推奨されず、緩和的な使用であれば選択肢となりうる。

 

Patients and Methods

 

2000-2015 多施設 後ろ向き研究

根治切除術目的に人工肛門造設とメタリックステント留置した患者

同時性転移で切除可能かどうか微妙な症例は除外

OSの起点はストマ造設ないし、ステント留置時

 

Result

患者背景

 

518人が対象で、327人がストマ造設、191人がステント留置

23%がステント留置できず

脾弯曲腫瘍・同時性転移はストマ群に多い

 

成績

ステントが有利は赤、ストマが有利は青

 

リンパ節個数はステント群に多い。

 

OSのグラフ きれいに差が出ました

Discussion

 

他の報告では、ステントは神経周囲浸潤が多いとの報告がある。

人工肛門造設では腹壁瘢痕ヘルニアが多いという報告がある。

 

感想

 

脾弯曲がステント少ないのは、屈曲部にいれにくいというステントの特性でしょう。

プロペンシティスコアマッチングしているんですが、それによって、どういう患者背景になったのかが記載がなくて、そのあたりがあまりわかりませんでした。

メタリックステントはテクニカルと臨床の成功率は90%以上と以前の文献で思っていました。成功率が悪い報告も散見されるようです。

ステント留置がおおむね短期成績が良いものの、ストマ造設が長期成績が良いという結果でした。(DFSは同等ですが・・・)

ステント入れたままの化学療法は穿孔も経験したことがあります。ステントあまり詳しくないので、もうちょっと文献あさりをしてみたいと思います。

Pocket

-医師向け

Copyright© おさんぽ先生の医療雑論 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.