医師向け

左側結腸手術の前処置とリークの検討

投稿日:

Pocket

 

雑誌:Colorectal Disease 2018
European Society of Coloporoctology(ESCP) collaborating groupからの発表

 

Introduction

 

ERASでは機械的前処置(MBP)は推奨されていない。

MBPと経口抗菌薬内服(MBP+ABx)の方がリーク率が低いとの報告があるが、質的な問題がある。

 

Methods

 

消化管手術をしているあらゆる施設が参加可能

対象手術は左半結腸・S状結腸切除と直腸切除で吻合は1か所

前向き研究

 

Results

 

47か国の343施設、3676

直腸手術のうち22%が術前療法あり

 

患者背景は、MBP+ABxは高齢で、低リスク、やせている、心血管疾患が少ない、喫煙者が少ない、中下部直腸が多い。

 

30%が前処置なし(NBP)、53%MBP17%MBP+ABx

FigureからはNBPが中下部直腸で少なくなり、MBPは増える。+ABxはほぼ一定。

 

Anastomotic leak

 

全リーク率は8.5%

リークは男、中部以下の直腸、術前療法あり、手縫い吻合、人工肛門造設で多い。

MBP+ABx6.1%MBP9.2%NBP8.7%で有意差あり

合併症もMBP+ABx8.6%、その他は11.5%と良い。

多変量解析では、MBP+ABxOR: 0.52)、側々吻合(OR: 0.38)で、男性(OR: 1.91の結果

リークすると、在院日数は2倍(17vs 8日)、死亡率は5倍になる。

 

感想

 

考察はあまり何もなかったので、割愛。

左側結腸は3割が前処置なしという結果でした。思っていたよりずっと多い。

ただ、参加施設が多いことと、患者背景に偏りがありすぎて、評価は少し難しいです。

MBP+ABx症例の患者背景がかなり良いことと、ABxを追加している患者数は一定なところをみると、抗菌薬も使ってるぜーなハイボリュームセンターの施設の症例数が成績良いところに関与していそうな雰囲気が…(完全に想像です。論文内容からはまったく不明です)

この結果をもって一概に良いとまでは言えないと思いますが、ヨーロッパの前処置についての雰囲気がわかるので紹介してみました。

Pocket

-医師向け

Copyright© おさんぽ先生の医療雑論 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.