医師向け

切除不能大腸癌にFOLFOXIRI+B-mabを用いたPhase II study

投稿日:

Pocket

 

大腸癌の現在最強レジメンについて

雑誌:Clinical Colorectal Cancer 2018

九州大学の沖先生のQUATTORO試験の報告です。

 

Introduction

 

FOLFOXIRIFOLFIRIに比較し、奏効率、PFSOSで良い。

TRIBE studyによると、FOLFOXIRI+B-mabFOLFIRI+B-mabに比較し、奏効率、PFSOSで良い。

FOLFIRI+B-mabGrade 3以上の好中球減少を日本人の45%で発症するが、TRIBE studyでは20%の報告であり、日本人はコーカソイドよりもFOLFIRIレジメンで好中球減少を起こしやすい可能性がある。

 

Methods

Study design

 

単アームの多施設Phase II試験

 

Patient selection

 

20-75

PS0-170歳以上ではPS0

UGT1A1変異は野生型か、ヘテロまで。

 

Treatment and Evaluation

 

Induction therapyFOLFOXIRI+B-mab12サイクル

Maintenance therapy5-FU/l-LV+B-mab

PDまで継続

 

Results

 

2014-2015年の69人の患者

UGT1A1の野生型は43.5%

 

Treatment Exposure

 

64%induction therapyを施行できた。

75%が減量が必要で、1-2コース目に43.5%が起こり、それ以降は42%

薬剤強度はおおむね8割程度

43人がmaintenance therapy10サイクル可能。

 

Efficacy

 

観察期間中央値は19.6か月

PFS13か月、10か月のPFS75%

OS193%277%

CR3%PR70%26%SD病勢コントロール率は98.5%

30%が手術、R0切除が25%が施行できた

10か月のPFSは右側結腸で35%、左側結腸で83%と有意差あり。

 

Safety

 

Grade3以上の好中球減少は73%62%2コース目までに発症

好中球減少はUGT1A1ヘテロで多かった45% vs 13%)が、発熱性好中球減少症は有意差がなかった(25% vs 10%)。

 

 

FOLFOXIRIFOLFIRINOXに比べて、5-FUは多め、イリノテカンは少な目のレジメンになっています(NEJMのレジメン比較)。

自分でまだ使ったことはないのですが、かなり気にはなっています。

Waterfall plotを見てもらえると明らかですが、かなり効果は高い。

Grade3以上の下痢は10%、食欲不振も10%との報告ですが、十分状態の良い人に使いたいと思います。

血液毒性は1-2コース目に多いようなので、要注意です。

副作用の多いレジメンなので、右側結腸でPFSが悪いことも踏まえて使いたいと思います。これはBRAF含めたバイオマーカーでもう少しスクリーニングできるかもしれないですね。

コーカソイドって表現をWikipediaで調べると差別的な意味合いとかいろいろあるみたいですね。知らなかった。

 

Discussion

 

好中球減少は明らかに日本人で多い。

G-CSF製剤の予防投与は認められていなかったが、22%で発熱性好中球減少を発生した。

UGT1A1*6はアジア人に多い。UGT1A1*28はコーカソイドに多い。

このレジメンではG-CSF製剤を予防投与した方が良い。

n数が少ないので、UGT1A1ヘテロの減量については検討できていない。

 

感想

Pocket

-医師向け

Copyright© おさんぽ先生の医療雑論 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.